HOME > 着物のお手入れ

着物のお手入れ

1.着物はあらかじめ、ハンガーなどにかけておく

ふ志や呉服店 着物はあらかじめ、ハンガーなどにかけておく

着物を着る予定が決まっている場合は、数日前にタンスから出してきおき、ハンガーなどに掛けておきましょう。こうすることで、ある程度のたたみじわは伸ばすことができます。その際には、裏が縮んでないか、防虫剤の臭いなどがきつくないかなど、十分点検をしておいてください。

2.着物を着る時・脱ぐ時

ふ志や呉服店 着物を着る時・脱ぐ時

髪結い・お化粧は着付ける前に行ってください。肝心の着物が、お化粧の粉などで汚れてしまう場合があります。また、指輪や時計は着物を脱ぐ前に外しておきましょう。大切な着物に傷がついてしまう場合があります。

3.湿気をしっかりととる

ふ志や呉服店 湿気をしっかりととる

着物を脱いだ後は、すぐに着物・長襦袢・帯などに分けて、それぞれ和製ハンガーに掛け、日陰の風通しのよい場所で陰干して下さい。日陰に干す事で、着物に移った体温や湿気を、自然に取り除くことができます。また、付属品なども同様に陰干しし、湿気などを取りましょう。
干し終わったら、縫い目の細かい布などを使ってホコリを落とした後、アテ布をした状態でアイロンをかけ、たとう紙に入れて、タンスに入れて大切に保管してください。防虫剤を使う場合は、天然の樟脳(しょうのう:くすの木が原材料)などがオススメです。

  • ※着物などをあまり長時間掛けたままにしておくと、たるみが出るので注意しましょう。
  • ※着物に金糸や銀糸が使われている場合は、アイロンをかけたり・防虫剤の使用には
    十分注意を払って下さい。
  • ※金糸や銀糸の場合、アイロンでは低温でも変色したり変色したりする場合がありますし、防虫剤によっては、変色の原因になる場合があります。

4虫干しをしましょう

ふ志や呉服店 虫干しをしましょう

着物はかならず1枚づつ、たとう紙に入れて保管して下さい。(ビニールなどの化学繊維に入れるとカビがつきやすくなりますので、かならずたとう紙に入れてください)
また、1年に1回は風通しのよい場所で虫干しを行うようにしましょう。湿気の高い日本では、どうしてもカビが生え易くなりますので、年に1度着物を風に当てて乾燥させ、湿度を取り除きます。
虫干しは、晴天が続いたカラッとした日を選んで行いましょう。

着物のお手入れの注意点

1.汚れやシミを見つけたら?

もし、着物を脱いだ後に汚れやシミを見つけたら、糸で印をつけ、何の汚れやシミかの説明をつけて、早めに専門店に相談しましょう。

日常的に着物を着ていた時代には、ご家族でマメにお手入れをすることが多かったのでよかったのですが、現在、着物を着る習慣のあまりない素人の処置は、かえってシミが広がったり、生地を痛めたりすることがあるので、手を加えないほうがいいでしょう。

2.小物のお手入れ

帯などは脱いだ時に、体の温もりがあるうちに、軽くたたくようにしてしわを伸ばした後陰干しすると、しわになりにくくなります。

帯揚げや腰紐・伊達締めなどの小物も、イスの背もたれ等にかけてしばらく干したあと、しわを伸ばしながらたたみます。帯締めの房はバラバラにならないように整えたあと、半紙やティッシュにしっかりくるみ、腰紐や伊達締めは端から巻いていくとしわがのびやすくなります。

長襦袢も着物と同じように和装ハンガーに掛けて陰干しをしますが、半衿などに汚れがついている場合は、外して洗いましょう。

  • 取り扱い商品
  • 着物
  • 袴
  • 浴衣
  • 喪服
  • 男性用着物
  • 小物
  • レンタル振袖
  • 振袖一式レンタルコース
  • お仕立てレンタルコース
  • 振袖・袴一式レンタルコース
  • 訪問着一式レンタルコース
  • 成人式
  • 結婚式
  • 店舗情報
  • スタッフブログ