HOME > 目的・シーンで選ぶ

目的・シーンで選ぶ

結婚式

結婚式

ふ志や呉服店 結婚式(未婚の場合)

結婚式に着物を着て出席する場合、未婚の場合は新郎新婦とどんな関係に関わらず、振袖での出席が一般的です。振袖とういのは、未婚女性が祭礼や儀礼的な場面で着用する正装の晴れ着ですので、華やかな着物で出席しても特に問題はありません。

ことわざで、「袖振り合うも多生の縁」(そでふりあうもたしょうのえん:見ず知らずの人とたまたま道で袖をすり合わせるというのは、前世からの深い因縁であり偶然ではないので、大切にしなくてはならないという意味)とは言いますが、もしかしたら、そこで素敵な出会いが生まれ「振袖が招くは大きな縁」となるかもしれません。
ただし、主役は花嫁さんだというのはくれぐれもお忘れなく・・・。

近年では女性の晩婚化、非婚化などもあり、色留袖などを着用して出席されるケースもあります。

既婚の場合

ふ志や呉服店 結婚式(既婚の場合)

逆に既婚の場合、新郎新婦の身内である場合は、留袖(振袖の袖が短くなったもの:既婚女性の第一礼装)を着て出席するのが一般的になります。

職場の友人や同僚などに当たる場合は、訪問着(1枚の絵になるように仕立てられた華やかな着物で、模様が上半身や袖などにもある:既婚女性が着る場合は留袖に次ぐ準礼装となります)や煌びやかな袋帯を着用して出席してもかまいません。

成人式

成人式の写真

もしかしたら、女性にとっては生まれて初めて着物を着る機会となるかもしれません。振袖を着るのが一般的ですので、大きな袖を振って蝶のように歩きましょう。

親類が訪問着などをお持ちの場合やすでに結婚されている場合などは、そちらを着用して出席されても問題ありません。

ふ志やでは多数のレンタル振袖をご用意してますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

卒業式

ふ志や呉服店 卒業式

大学の卒業式などでは、袴などを着て出席される方が最近増えています。
ふ志やでは振袖・袴のレンタルも行っておおりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

カジュアル

カジュアルな着物

友達同士の食事会や、観劇などのお出かけには小紋や紬など、カジュアルな着物がお勧めです。

お通夜、告別式、法事

ふ志や呉服店 お通夜、告別式、法事

不幸事、不祝儀事に着物を着て出席する場合は、身内の場合は黒紋付、友人知人である場合は、地味な色の紋付での出席が一般的となります。(但し法事に関しては、身内であっても特に黒紋付である必要はありません。)

  • 取り扱い商品
  • 着物
  • 袴
  • 浴衣
  • 喪服
  • 男性用着物
  • 小物
  • レンタル振袖
  • 振袖一式レンタルコース
  • お仕立てレンタルコース
  • 振袖・袴一式レンタルコース
  • 訪問着一式レンタルコース
  • 成人式
  • 結婚式
  • 店舗情報
  • スタッフブログ